▶ よくあるご質問  ▶ メールでのお問合せ  ▶ 会社概要 
TOP > よくあるご質問

目の疾患の原因の一つと言われる紫外線から、みなさんの瞳と目元を守る常用できる透明なレンズのサングラスです。
朝から夜まで、紫外線(UVA・UVB波)をほとんどカット出来るので、かけてるだけで守ってくれます。
みなさんの生活シーンに溶け込むように軽くてシンプルでお洒落すぎないようにデザインしてます。
お洒落でも色が濃いレンズのサングラスでは、使うシーンが限定されてしまいます。
どんなシーンでも常用できる=「オールタイムサングラス」と名づけました。「オールタイムサングラス」は弊社の登録商標です。レンズだけを供給している場合もございます。ご心配でしたら、お問い合わせください。
https://www.youtube.com/watch?v=Roz0_JthfMg

ハイドレンズは、2003年に初めて開発されました。 2010年に特許取得(第4643233)しております。
透明度の高いレンズながら、「青色光線(太陽光・人工等に含まれるエネルギーの強い光)」をなだらかにカットするので、眩しさを感じやすい光が優しく柔らかになります。
「ヒカリのろ過。」例えるとまさにそんな感じです。発売以来、累計20万人を超えるのかたに愛用していただいております。
https://www.youtube.com/watch?v=hluraZSKc0E

みなさんの生活シーンにより合わせやすいように、様々なデザインのオールタイムサングラスを用意しました。どれが、良いかはお客様の生活シーンがわからないのでお勧めは、全部としか答えれません。電話やメールなどでご相談ください。
https://www.youtube.com/watch?v=T0XqPMvVYmY

オールタイムサングラス チタン&チタンF
https://www.youtube.com/watch?v=nf-j6T_o7-A

オールタイムサングラス AIR
https://www.youtube.com/watch?v=bBZJGSWIywI

オールタイムサングラス ポケット
https://www.youtube.com/watch?v=pvvbRhdS42Q

オールタイムサングラスは、クリアと呼ばれる、20%ほど茶色っぽいものをお薦めしたいですね。でも、いろんな日常がありますのでね、選び方を教えちゃいます。
一日の中で室内が中心(7割)ならクリアを選んでください。室内と外出が同じくらいの女性なら、ピンクがお薦めです。ピンクは目元が全体的に艶っぽく見られるので簡単なメイクをした効果があります。車の運転など、従来のサングラス的な使い方をお考えでしたらブラウンです。

青色光線は、可視光線の一つで目に見える光です。エネルギーが強いので悪そうですが、視る上で必要な光ですから何がなんでもカットしてはダメです。あくまでバランスが大事なのです。濃い色のサングラスならかなり青色光線をカットしてます。オールタイムサングラスは、日常での使用を考えたので色のバランスがほとんど変わらず、本人も他人にも意識させない事が目的です。青色光線をカットすることが目的ではありません。

オールタイムサングラスは、みなさんの目を紫外線から守る身近なアイテムです。レーシックの手術で有名な、医療法人英祥会理事長 稲澤クリニック院長の稲澤かおり先生に突撃インタビューをいたしました。オールタイムサングラスは、眼科の先生からみたら果たしてどうなんだろう?ドキドキです。女性の先生だからこそ繊細なトークが魅力です。
https://www.youtube.com/watch?v=SC8Y-8NM17w
(オールタイムサングラスを語る)

稲澤クリニック 稲澤先生 本当にサングラスをおすすめしたい理由はここなんです。「加齢黄斑変性症」健常者には関係なくても、紫外線の影響はこんな形で現れます。サングラスを使う習慣を!「オールタイムサングラス」をご愛用ください
https://www.youtube.com/watch?v=nT3INv1j0HQ
(加齢黄斑変性の予防を語る)

稲澤クリニック 稲澤先生は、女性の先生!眼科のスペシャリストでありながらサングラスが必要な理由をわかりやすく伝えます。
https://www.youtube.com/watch?v=9FiROS70728
(女性の目線で紫外線を語る)

安いサングラスでは、ありませんから、ご心配ですよね。我々は製造メーカーです。お客様に喜んでいただいてこそ、本望です。買う前にご相談ください。納得してからでいいですよ。修理については、様々なチャンネルで発売しておりますから、まずはご相談ください。カタログモデルなら古くても修理可能です。安心の日本製ですからね。
このページのTOPへ戻る